公開日:2017年4月1日

大井川鐵道の旅~あぷとラインに乗って秘境!奥大井湖上駅へ

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅

せっかく大井川鉄道に乗って千頭駅まで来たのだから、その先を走る

あぷとライン

に乗ってみよう!という事で、私たちが選んだ場所は、【奥大井湖上駅】

グリーンに輝く湖に浮かぶ駅を見ることが出来るのです。

はじめての大井川鉄道でこの場所に決めた理由など、さっそく見ていきましょう!

スポンサーリンク

奥大井湖上駅に決めた理由

金谷駅 大井川周遊きっぷ

駅員さんのオススメは奥大井湖上駅

始まりは金谷駅でチケットを買う際、駅員さんにオススメされたこと。

今回は1泊2日の旅行である事、千頭駅近くに宿に泊まることを駅員さんに相談の上、チケットを購入しようとしたところ、今まで知らなかった【奥大井湖上駅】を教えてくれました。

という訳で、きっぷは千頭より先まで使える「大井川周遊きっぷ」を購入。

日帰りの旅は1箇所がマックス、奥大井の旅

1日目はバーベキューの予約時間があったので、お宿に直行でした。

2日目は東京まで戻らねばならないので、あまりゆっくりもしていられない。

更に、都内住みの我々、5分に1本電車が来るのが当たり前になっている私たちに対し、大井川鉄道のアプトラインの運行は、、、

1日5本のみ!!

という事は、1本逃すと次は1~2時間後になってしまうので注意が必要です。

これをふまえて、奥大井湖上を調べてみます。

なんと!絶景スポットまで20分の登山

下調べをしてみると、写真の絶景ポイントから撮影するためには、20分の急斜面の登山が必須です。

さらに、降車から乗車までの時間は、約45分。

20分というのは健康な方なので、子連れの私たちは45分しかないというのは無謀でした。

という訳で、1本後の電車に乗って引き返すことにし、1時間30分後の折り返しの電車に乗ることにしました。

子連れで奥大井湖上駅!千頭駅に荷物は預けよう!

大井川鉄道 千頭駅 コインロッカー

急斜面を登ることを考えたら、荷物は軽いほうが良いです。

千頭駅に大きな荷物は預けましょう。

千頭駅からアプトラインに乗って

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 千頭駅

1日に片道5本の運行なので乗り遅れに注意しましょう。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 

アプトライン車内の様子です。車掌さんが電話みたいなものを使って館内放送をしてくれます。

見所も説明してくれるので楽しいです。

アプトラインの連結を見よう!

大井川鉄道 アプトライン 連結 アプトいちしろ

車掌さんからの案内もありますが、「アプトいちしろ駅」でアプト式電気機関車との連結が見られます。

撮影ポイントですね。

途中もみどころ満載で奥大井に進んでいきます。

奥大井湖上駅に到着!

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅

奥大井湖上駅は、湖の上に浮かぶ駅ですので何もありません。

もちろん、自販機もありません。

展望休憩所はありますが、こちらは後で説明しますが、一番上の写真が撮影できる絶景ポイントとは異なります。

という訳で、さっそく絶景ポイントへ。

奥大井湖上駅の絶景ポイントへ

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント

井川方面に通路があるのでそれを進んでいきます。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント3

足場はしっかりしていて、柵もあるので、落下の心配はありませんし、揺れません。

小さな子供でも安心して渡ることが出来る橋です。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント4

トンネルの上に繋がる階段を上ります。

抱っこ紐は必須です!

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント5 子連れ

これから登る山の階段は急です。急斜面なので、子供のペースに合わせていたら親が疲れてしまうし、危ないので、抱っこが可能なお子様は抱っこをオススメします。

抱っこ紐はかさばるので、布タイプでコンパクトになるベビーケターンを使っています。

→抱っこ紐のベビーケターン一覧をチェック【楽天】

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント6 子連れ

こんな感じの急な階段を登っていきます。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント7 子連れ

上から見た図です。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント8 子連れ

一度、平坦な山道が現れます。

が、再度急な斜面を登ると、見えてきました。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント9 子連れ

あとは、お好きな絶景ポイントを探して撮影するのみです。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント10 子連れ

車も通る車道なのです。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅

はい、絶景ポイントです。

ここから見る景色は本当に幻想的で、ずっと居たくなる場所でした。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント11 子連れ

ついつい、ポーズも決めたくなりますよね。

さ、電車の時間もあるので戻りましょうか。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント12 子連れ

線路に下りる前に、こんな写真も撮影できます。

家族に先に行ってもらい、上から撮影するのが良いですね。

奥大井湖上駅の展望休憩所でひとやすみ

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所

奥大井湖上駅に展望休憩所があります。

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所 子連れ

コチラは急ではないので、子供でも登れました。

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所 子連れ2

晴れていたらお外で休憩するのも良さそうです。

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所 子連れ3

無人なのにとてもキレイに管理されていました。

トイレもありました。

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所 子連れ4

2階の展望台には丸太のイスが。

望遠鏡は無料で使うことができました。

さて、もうすぐ電車の時間です。

大井川鉄道 奥大井湖上駅 展望休憩所 子連れ5

先ほどと逆にも歩道があります。

大井川鉄道 アプトライン 奥大井湖上駅 絶景ポイント2

駅から湖を移すとこんな感じです。

キレイな湖です。

大井川鉄道 アプトラインのたび~帰路へ

大井川鉄道 アプトライン3

アプトいちしろで連結解除です。

大井川鉄道 アプトライン2

アプトラインの車内

大井川鉄道 アプトライン

千頭へ到着です。

 

大井川鉄道 アプトライン感想

とにかく景色がきれいでした。

奥大井は手付かずの自然が残っていて空気もきれい。

車掌さんま地域の方々は親切でした。

奥大井にもまだまだ魅力がいっぱいで、他にもいってみたい場所がたくさん見つかりました。

トーマスの時期、せっかくだから奥大井まで足を伸ばすと、また違う発見があるかもしれませんね!

アプト式列車に乗る【大井川鉄道公式】

 

 

~大井川鉄道トーマス号の関連記事~

 

 


スポンサーリンク