公開日:2016年7月20日
最終更新日:2016年7月31日

チャイルドシート

チャイルドシート

車に赤ちゃんや子供を乗せるときに、義務付けられているのがチャイルドシート。

チャイルドシート事情についてですが、ニュージーランドももちろんチャイルドシートが義務付けられています。

シートベルトもです。

ニュージーランドの道路は、普通の道でも平気で100キロで運転します。

道も広いし、見通しも良いので速度を出すのも当たり前。

 

日本では、チャイルドシートは義務付けられているものの、やむを得ない場合や、授乳などの理由の場合はだっこしても良いと、どこかに書いてあったのをいいことに、私も子供が泣いたりぐずった時は、チャイルドシートからおろして抱っこしてしまってました。

特に、パパが運転して、ママと子供は後部座席に座るスタイルだったので、しょっちゅう抱っこしてしまってました。

そのノリでニュージーランドに来たから、まぁ大変。

初日から、もちろんぐずったので、聞いてみると、チャイルドシートをしてない場合はもちろんペナルティがあるとの事。

車に乗せてもらってるのに、アンにペナルティが行ってしまうのはもちろん嫌なので、何とか息子におもちゃや食べ物を渡したりして、チャイルドシートから絶対におろさない(おろせない)よう、毎日工夫したりして過ごしています。

まだまだたまにぐずりますが、車に乗ってるときは、チャイルドシートからは絶対におろしてもらえないと、理解すれば、今後もママも楽なので、このスタイルを日本でも守っていきたいと思います。

何事も、やればできるのですね。


スポンサーリンク