公開日:2016年10月26日

母乳育児!乳管開通とおっぱいマッサージ~妊娠中に準備したこと

赤ちゃん 新生児 母乳

妊娠中に検索魔となっていた私ですが、色々調べているうちに、衝撃の事実を知ってしまったのです。

それは

「え?
母乳って赤ちゃん産めばみんな出るんじゃないの?」

出産後のお母さんって、みんなが赤ちゃんに寄り添って母乳(おっぱい)をあげている姿を想像しますよね。

私も当たり前にそう思っていました。

しかし、母乳が出ずらい、または出なくて辛い思いをするママも居ることを、この時初めて知りました。

再び私は検索したり、母乳育児のためのマタニティセミナーに行ったり、母乳が出やすくなるドリンクを飲んだりと情報を集めた結果、幸い、私は出産後に赤ちゃんに母乳をあげることができたんですが、今回はその中でも結構重要だったのではないかと私が思った

おっぱいマッサージと乳管開通の方法

について、書きたいと思います。

スポンサーリンク

おっぱいの出る仕組み

乳房の断面図 乳管 原三信病院

引用:乳房のしくみ 原三信病院

おっぱいの中は、図のようになっています。

母乳が出るのは乳頭なのですが、乳頭からの母乳の出口は1箇所ではないのです。

乳頭の先には、たくさんの乳腺があり、その一つ一つから母乳が出てくるのです。

乳腺というのはとっても細いので、つまりやすいということもあわせて知っておくとよいですね。(乳腺炎予防→後ほど書くかもしれません)

乳腺葉で作られた母乳が、乳管洞をとおり、乳頭から出てくるので、事前に乳管を開いておく必要があるというわけです。

 

おっぱいマッサージの方法

母乳を出す準備の為に、一般的に知られているのは、基底部のおっぱいマッサージです。

乳房の基底部をよく動かし、分泌促進を図るためのマッサージで、おっぱいを温めながら行うのがよいそうで、湯船の中で行うのがより効果的です。

おっぱいマッサージはいつからOK?

おっぱいマッサージは、子宮の収縮の作用があるので、切迫早産の方や、不安な肩にはオススメできませんので、医師と相談の上行ってください。

専門サイトなどでは、妊娠28週目からのケアが推奨されています。

おっぱいマッサージの目的

おっぱいマッサージを行うことで、乳房の基底部を動かして、おっぱいの分泌を促進させるのが目的です。

 

おっぱいマッサージの方法

  1. おっぱいと逆の手で、おっぱいの外側を、根元から胸の内側に押します。これを5回くらい繰り返します。
  2. 先ほどとは逆のおっぱいも同じように5階繰り返します。
  3. 最初にマッサージした方のおっぱいを、今度は下からすくいあげて上に押し上げます。5回くらい繰り返します。
  4. 先ほどとは逆のおっぱいも同じように下から上に押し上げます。5回くらい繰り返します。

 

乳管開通について

一般的に知られているおっぱいマッサージと対象に、こちらはあまり知られていません。

私はヴェレダのプレママまた日ティマッサージセミナーで、ベテラン助産師の浅井貴子先生に教わり知りました。

コチラの乳管開通は、医者や助産師の意見も賛否両論です。

子宮収縮にも影響しますので、37週以降、医師と相談の上行ってくださいね

私が実際に教わって、妊娠中(37週以降)に行っていた方法をお伝えします。

 

乳管開通の方法

基底部マッサージの後に行いましょう。

1.乳輪の色の付いた部分に指を当てて、
おっぱいに垂直に奥に向かって押す

乳管開通 おっぱいマッサージ

2.押し込んだら乳頭を包むようにつかみ、
今度は前に引っ張る

乳管開通 おっぱいマッサージ

乳頭の先っぽから、プクッと分泌物が出ます。

 

3.優しく乳首をもむ

乳管開通 おっぱいマッサージ

 

乳管開通をしておいてよかったこと

実際に、産前におっぱいからじわ~っと、本当におっぱいが出ることを確認できたので、産後すぐに赤ちゃんにおっぱいを吸って欲しいと思えました。

また、出るはず!という自信もつきました。

 

産後の母乳について

母乳育児についての考え方

出産する産院によって、また、人によっても母乳育児に対する考え方は様々です。

私の出産した産院は、「母乳が出なければ、ミルクをあげればよい」という傾向にあり、産後すぐに、規定量のミルクが配られました。

規定量のミルクは、赤ちゃんの黄疸を防ぎ無事に退院させるための意味合いもあったようです。

産後の母乳

産後の母乳の出具合は、本当に人それぞれで、赤ちゃんも母乳を吸いなれていないので、母子共にみんな苦労しているようでした。

 

母乳って本当に神秘的で、赤ちゃんに必要な母乳が作られるようにできているそうです。

例えば、未熟児で生まれた赤ちゃんには、その子にピッタリの母乳が作られるんですって!

産後2週間が勝負!

比較的ちゃんと母乳が出た私も、心配で桶谷に行きましたが、そこで言われたのは、

「産後2週間が勝負!」

産後2週間のうちに、いかに赤ちゃんに吸ってもらうかで母乳のでは変わるそうですよ。

母乳が出ないときは、詰まってしまっていてうまく出ない場合もあるので、なるべく早く母乳外来や、桶谷に行くことをオススメします。

 

私が産後7日でミルクをやめた理由

また、私が母乳の出が安定したのは、ミルクを一切辞めて母乳のみにチャレンジしたからではないかと思っています。

ミルクを辞めるのって、勇気が必要でしたが、赤ちゃんもお腹が空けばがんばって吸ってくれるのではないかと思ったからです。

モチロン、随時様子が見て危険なようならすぐにミルクをとも思いましたが、案外母乳だけにしたら、母乳もしっかり出るようになり、そのままミルクなしの完全母乳に切り替えることができました。

 

全ての母乳育児を希望するママへ

赤ちゃんに母乳をあげる時間は本当に幸せなものです。

人生上で本当に短い間。私はそんなかけがえのない時間を過ごせて本当に幸せでした。

なので、希望する全てのママが、しあわせなおっぱいタイムを過ごして欲しいなぁと思い、今回書いてみました。

どなたかのお役に立てれば嬉しいです^^

 

 


スポンサーリンク